So-net無料ブログ作成
検索選択

避暑地へ [旅行]

3連休に入る前に、夫の休みが取れたため、
我が家は、一足お先にプチ夏休みをとって、長野県は木曽へ行って参りました[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

長いので、興味のある方はクリックしてお読みください。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

長崎旅行 ~後編~ [旅行]

長崎旅行の後編です。

~前編~同様、長くなってしまったので、
興味のある方は、どうぞリンクしてお読みください。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

長崎旅行 ~前編~ [旅行]

4月15日から、家族3人で長崎旅行に行ってきました[飛行機]

地震や原発問題で落ち着かない日々が続いたこともあって、
GW前に、思いきって1週間、ゆっくり羽を伸ばしに行って参りました~

まずは、前半として始めの4日間をまとめましたが、
長くなってしまったので、興味のある方は、リンクしてお読み下さい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

長崎にて④ [旅行]

今朝は、朝風呂[いい気分(温泉)]に入りました。
露天風呂から見える海の眺めは最高です。

DCF00234.jpg

DCF00233.jpg

やすらぎ伊王島[るんるん]
家族3人、心の底から、ゆっくりできました~

長崎にて③ [旅行]

長崎、最後の夜は、
伊王島で過ごしています。

DCF00204.jpg
伊王島の海岸にて。

長崎にて② [旅行]

今日は、亀山社中へ行ってきました。

DCF00167.jpg
等身大の龍馬と記念撮影[カメラ]

今日の長崎は、あいにくお天気が悪く、曇り時々雨。
最高気温も15度と低く、肌寒い1日でした。

長崎にて [旅行]

先週から、長崎に来ています。

ということで、[携帯電話]から更新してみました。

久しぶりに地震のない毎日を過ごせて、
思った以上に、気持ちもゆったりできています。

DCF00099.jpg

DCF00114.jpg
お気に入りのわんわんのぬいぐるみも連れてきました。

帰りたくない…

ベビ連れ旅行② [旅行]

第3日目-------------------------------------------------------------------

旅の最終日は、萩の街を観光
行きたい所は色々ありましたが、あまり時間がなかったので、厳選して回りました。

まずは、松陰神社へ。

hagi.jpg
(左)松下村塾もしっかり見て[目]きました。
(右)おみくじを引いたら、なんと大吉[手(チョキ)]この先いいことありそうです[るんるん]ウフフ

↓↓↓↓↓

次は、松陰神社から程近い、伊藤博文別邸へ。

hagi2.jpg
私は、昔の日本家屋が大好きです。
おしゃれな洋風なのも魅力的だけど、やっぱり純和風の方が落ち着きます。
こういう家に住みたいな~

↓↓↓↓↓

昼食[レストラン]をはさみ、高杉晋作誕生地へ。

hagi3.jpg
『おもしろき こともなき世に おもしろく』
中に入って、改めて略伝を読むと、本当にスゴイ人だったんだなぁと実感させられました。

ほんの、ほんの、ほーーんの少しでいいから、ベビーよあやかっておくれ…
と、とりあえず心の中で呟いておきました(^^;

受付には、『龍馬伝』の高杉晋作(伊勢谷友介)が貼られており、
後から来た若い3人組みの女子たちが、見るなり「カッコいい~~!」と叫んでいました。
ん~、確かに、カッコよかったです。

↓↓↓↓↓

高杉晋作の次は、お隣の萩焼店をのぞき、その後、木戸孝允旧宅へ。

本人が書いたという、柱の落書き『死而後已』(死して後已む:死ぬまで努力すると言う意味)
を見た時には、なんとも身が引き締まる思いがしました。

↓↓↓↓↓

ここまでざっと回ると、結構いい時間になったので、後はおみやげタイムに[プレゼント]
『龍馬伝』を毎週欠かさず見ている私にとって、とてもタイムリーな長州観光でした。

hagi4.jpg
(左)素敵な街並
(右)『古美術』の看板を目にして中に入ると、なぜか入り口で和菓子が売られていたので、
   きなこと夏みかん入りの求肥を1つずつ買って、歩きながら食べました。
   ちなみに、夏みかん入りの求肥はとっても美味しくて、帰りに追加で5つ買いました(^^)
   ベビーが食べれないのが残念でした。

最後は、ガイドブック[本]に載っていた、『雅萩堂』という萩焼のお店に行きました。
中に入ると、「どうぞ、ゆっくり見て行ってくださ~い」と言って、
お店の奥さんが、萩焼の器に入った夏みかんジュースとお菓子を出して迎えてくれました。

心温かい[ハートたち(複数ハート)]ウエルカムサービスは、ベビーの分も用意していただいたので、
夏みかんジュースを飲ませてみると、一口飲んでは、
「んっ!んっ!(もっと!もっと!)」と言って、ジュースのグラスを指さし催促。
よっぽど美味しかったみたいです。
お店のご主人も、
「すっぱいけど、どういうわけか、赤ちゃんに人気なんですよ」
とおっしゃっていました。

美味しいジュースとお菓子をいただいた後は、夫にベビーをみていてもらって、
湯呑、コーヒーカップ、多目的に使えそうな器、一輪ざしを選んで購入[るんるん]
リーズナブルなお店だったの、ここぞとばかりにたくさん買いこみましたが、
全部で1万5千円程度でおさまりました。

↓こちらは、購入した萩焼のコーヒーカップ[喫茶店]

coffeecup.jpg
気に入ったのが見つかって良かった~

↓↓↓↓↓

買い物を済ませた後は、萩に別れを告げ[手(パー)]、余裕をもって空港へ出発[車(セダン)]

余裕をもちすぎて、すこし時間が余ったので、
空港の手前のパーキングエリアで、ベビーを遊ばせました。

inter.jpg
ちょうどいい滑り台を発見[ひらめき]
何度か身体を支えて滑らせてあげると(中)、
もっとやって~と言わんばかりに、よじ登ろうとしていました(右)。
登れなかったけど(^^;

↓↓↓↓↓

airport.jpg
空港に着くと、空はすっかり夕焼けこやけ。
お天気にも恵まれて、本当にいい旅だったなぁ~と実感しました。

↓↓↓↓↓

そして、帰りの飛行機[飛行機]では、前半テンション高めだったベビー[グッド(上向き矢印)]
用意していたお菓子やオモチャでなんとかあやし、
グズって少しわめき始めたところで授乳をしたら、そのままお休み[眠い(睡眠)]
行きの飛行機のようにはいきませんでしたが、
後半は、ずっと寝ていてくれたので、なんとか助かりました。

********************************

夫の仕事が忙しく、なかなか家族旅行ができずにいましたが、
今回は、法事という名目で旅ができ、本当にいい思い出になりました。
まあ、ベビーは覚えていないでしょうけど。

最後に、今回のベビ連れ旅行で重宝した物[ひらめき]

belt.jpg
ベビー用の簡易ベルト[exclamation]

まだベルトのないイスではおとなしく座っていられないので、
食事の際、このベルトはかなり活躍してくれました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ベビ連れ旅行① [旅行]

先週、親戚の法事で島根の方へ行ってきました。
法事を終えた翌日は、レンタカーで山口へ[車(セダン)]
親子3人での初旅行は、秋芳洞と萩の街を観光してきました。

第1日目-------------------------------------------------------------------

haneda.jpg
羽田空港にて。
(右)お気に入りのサメ(指人形)をくわえて、搭乗を待っているところ。

これが、ベビーにとって初フライト[飛行機]
騒いだりしたらどうしよう…と心配しましたが、離陸直前からすやすやお休み[眠い(睡眠)]
そのまま着陸するまで一度も起きることなく、ずっと私の腕の中でおとなしくしていてくれました(^^)
夫と隣同士の席が取れず、前後の席だったので、
私は内心、かなりヒヤヒヤしてしまいましたが、いい子にしていてくれたので、助かりました~。ホッ

無事、目的地へ着き、前日から島根入りしていた義両親&義姉夫婦にご挨拶[手(パー)]
法事の後は、用意して頂いた宿に泊まりました。

第2日目-------------------------------------------------------------------

皆と一緒に朝ごはんをすませ、チェックアウトまでゆっくりした後、いざ、秋芳洞へ[ダッシュ(走り出すさま)]
前日から借りているレンタカーで向かいました[車(セダン)]

と、その前に、いったん萩に寄り道して、まずは腹ごしらえ。
『がんこ庵 椿店』というお蕎麦屋さんで昼食をとりました。

soba.jpg
ささっとざるそばを、と思いましたが、なんだかとってもお腹が空いたので、
天ぷら付きのにしました。
朝ご飯、いっぱい食べたはずなのに… 旅行中って、お腹が減ります。

ちなみに、ここのおかみさんがとてもいい人で、
出雲の実家から送ってきたという、かまぼこを切ってくれたり、
ベビーには、「美味しいよ」と言って、茹でた栗を出してくれたり。
そして、途中でぐずりだしたベビーを、代りに抱っこして、
私たちが食べている間、あやしていてくれました。アリガタヤ~アリガタヤ~

もちろん、お蕎麦もとっても美味しかった[わーい(嬉しい顔)]

↓↓↓↓↓

さて、お腹もいっぱいになったところで、いよいよメインの秋芳洞へ。

akiyoshido.jpg
(左)鍾乳洞の入り口。橋の途中に小さく写っているのが、ベビーを背負った夫です。
(右上)『百枚皿』 でも実際は500枚あるらしい。
(右下)とにかく、巨大で神秘的な空間に圧倒されます。

いや~、鍾乳洞がこんなにスゴイとは思っていませんでした。
夫に提案された時には、「ベビー連れで、どうなのよ?」と思いましたが、
代わりばんこでおんぶしたら、思ったより楽勝[手(チョキ)]だったし、
行ってみて、本当に良かったです。

akiyoshido2.jpg
行きは父ちゃん(左)、帰りは母ちゃん(右)。
ずっと、おんぶされっぱなしのベビーでしたが、見るからにとっても満足そうでした[わーい(嬉しい顔)]

↓↓↓↓↓

秋芳洞を満喫した後は、カルストロードを通って[車(セダン)]、再び、宿のある萩へ。

drive.jpg
カルスト台地は、とっても雄大で素敵な景色でした~
(右)車中にて、満足気なベビー

ドライブ中も、ずっとおとなしくいい子にしていてくれました。
少しグズりだした時は、道の駅で買ったジャンボボーロやベビー用かっぱえびせんで、
なんとか凌いでくれました。

↓↓↓↓↓

この日は、ネットの口コミ評価がよかった、『萩一輪』という宿にお世話になりました。
ベビー連れ歓迎のお宿ということで、部屋にはベビー用のイスが用意されていたり、
貸切風呂[いい気分(温泉)]にも、ベビーチェアや、おもちゃがたくさんありました。
値段がお手頃なのに、館内はとてもキレイで、サービスもよく、お料理も美味しくて、
この宿にして大正解でした[exclamation]

yado.jpg
(左)まだ自分で食べようとはしませんが、最近、スプーンフォークを使って、
   食器をちょんちょん叩くようになりました。
(右)お先にねんねするベビー。
   家では、夫、私、ベビーの順に並んでいますが、この日は初川の字で寝ました。

ベビーを寝かしつけた後は、夫に任せ、私は館内にある『癒しの部屋』で、
30分間のボディーマッサージを受けました。
いや~、極楽[るんるん]極楽[るんるん]

部屋に帰ると、夫も既に夢の中[かわいい]
私も翌日に備えて、早々眠りにつきました[眠い(睡眠)]

*****************************************************

3日目の萩観光は次回に[手(パー)]

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

in 箱根 [旅行]

すでに10日程前のことですが…
夏休みシーズンに入るギリギリ1歩前に、母とベビーと3人で、箱根へ一泊[るんるん]
温泉旅行[いい気分(温泉)]を楽しんできました。

外は暑い[あせあせ(飛び散る汗)]ので、とにかく宿でゆっくりすることをメインにスケジュールを決めましたが、
結局、行ったその日は、『箱根ガラスの森美術館』へ、
帰りは、『箱根彫刻の森美術館』へ立ち寄りました。

------------------------------------
『ガラスの森~』は、前からずっと行ってみたいと思っていたスポット。
どんなところかしら?とワクワクしながら行ってみると、
それは、もう、想像以上に素敵なところでした[ぴかぴか(新しい)]
女子なら誰しもが気に入るはず[exclamation×2]

hakone1.jpg
(左)入口には、クリスタルガラスをまとったツリーがお出迎え[クリスマス][ぴかぴか(新しい)]
(右)こじんまりとした広さの庭園。
   美術館鑑賞や、食事[レストラン]を含め、ゆっくりと半日くらいいるのにちょうどいい場所でした。

館内を隅々まで楽しみたかったのですが、
ベビーを抱っこしての移動なので、今回は無理せず、まわれる所だけまわって、
後は、レストランで食事[レストラン]をしたり、ミュージアムショップでお買い物を楽しみました[るんるん]

ここは、是非、また違う季節に行ってみようと思います。

------------------------------------
夕方5時、ようやく宿にチェックイン。
平日直前割のお得なプランで、母とベビーと3人だけにしては、
かなり広めのお部屋を用意して頂きました[わーい(嬉しい顔)]ラッキー!

着くなり、まず、3人でお風呂[いい気分(温泉)]
他にお客さんもおらず、貸切状態でした。

ベビーが温泉に入るのは、これで2回目。
やはり、始めはコワイのか、ガッシリと私の肩にしがみ付いていましたが、
徐々に、その手の力も緩んで、最後は、笑顔でパシャパシャとお湯を叩くほどになりました。

ちなみに、母がベビーとお風呂に入るのは、これが初めて。
裸ぽんちの0歳児を抱っこして入るお風呂に、大変喜んでおりました。
これも、一つの親孝行~

その後は、お部屋にて夕飯を堪能し、
(代わりばんこで、ベビーの相手をするので、ちょっとせわしなかったけど)
夜は、母にベビーを預けて、私1人だけでお風呂[いい気分(温泉)]に入りにいきました。
いや~、これは本当にゆっくりさせて頂きました~
ありがたや~ ありがたや~

hakone2.jpg
(左)ばあばに遊んでもらって、大喜びのベビー。はしゃぎすぎて、コケちゃいました。
(右)朝の露天風呂[いい気分(温泉)] 誰もいなかったので、カメラでパチリ[カメラ]

------------------------------------
翌日、宿を出てから、『彫刻の森』へ。

箱根湯本駅から、箱根登山鉄道[電車]で40分近くかかりましたが、
その際、車両はクーラーなし!(扇風機もなし!)
暑さしのぎは、窓からの自然風のみだったので、結構きつかった[あせあせ(飛び散る汗)]
ベビーには、頻繁に水分補給をさせ、なんとかしのぎました。
ちなみに、帰りは、クーラーのある車両だったので、ホッとしました。

『彫刻の森』は、子供の頃家族と行った、思い出の場所でもあります。
その後は、学校行事で行ったことがあったような、ないような…
どっちにしても、20数年ぶりだったと思います。

hakone3.jpg
(左)巨大牛!!
(右)私も子供の頃に遊んだ『しゃぼん玉のお城』。
   ものすごく、面白かったのを今でもよく記憶しています。
   ベビーが成長したら、是非遊ばせてあげたい。
   今回は私もベビーも遊べないので、横目で見ながらスルーです…

hakone4.jpg
昔はなかった、『ふわふわちょうこく広場』は、乳幼児にも嬉しいスペース。
思いがけず、ベビーも遊ぶことができました[るんるん]
そんなベビーを、ビデオで撮りまくる、ばあばです(^^;

『彫刻の森』も、『ガラスの森』同様、
炎天下の中、ベビーを抱っこして、ガッツリ全部はまわっていられないので、
あらかじめ行きたい所をしぼって、なるべくサクっとまわりました。

最後、出口に向かう際に通るマルチホールでは、
ミッフィーはどこ?』という体感型展示会が行われていて、これは、とっても可愛かった[かわいい]
大人の私でもワクワクしちゃいました[るんるん]
しかし、残念ながら、この時ベビーは夢の中…
タイミングが悪かったです[もうやだ~(悲しい顔)]

…と、まぁ、そんなこんなで母とベビーと3人の旅は終わりました。
暑い中、ベビーを抱っこしての移動は、ちょっとヘビーでしたが、
こまめに水分補給し、なんとかかんとか、思い出に残る楽しい旅になりました[手(チョキ)]

------------------------------------
箱根からの帰りは、実家に寄り、もう2泊した後で、自宅に戻りました。
旦那が仕事で忙しい中、のんびり羽を伸ばさせて頂きました~[わーい(嬉しい顔)]アハハハハ~ゴメーンネ!

そんでもって、ここへきて、人見知りが始まった様子。
3カ月ぶりに会った、おじいちゃん(私の父)に声をかけてもらうなり、
私にピッタリへばりついて、泣きだしてしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]
前は、自分から近寄っていったのに…
少し前に会った、友達の旦那さんにもそんな感じだったので、
どうやら、男の人がダメになっちゃったみたいです。

でも、まあ、これくらいが普通なんですよね…

ちなみに、プリン[犬]のことは、興味新進[目]
見るたび、爆笑してました[exclamation]
ただ、むやみに毛を引っ張ろうとするので、プリンの方が警戒気味です。

20100726.jpg
ほどよい距離を保って、一緒にお昼寝[眠い(睡眠)]

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。